ちゃこりんの空回りな世界∞

人生は空回りするほど面白い!

私のうつ病治療編④ 思い切って会社を辞めるまで

Instagram Feedly

うつ病発症編① 会社に寝袋ってどう思う?

うつ病発症編② 好きなことが消えていく

うつ病発症編③ 自殺をする人の気持ちの全てはわからない 

うつ病発症編④ 体や感情が自然に動くって素晴らしい事だ

うつ病発症編⑤ そして動かなくなる

うつ病治療編① 自己診断テスト

うつ病治療編② 病院へ行こう!うつ病は心の風邪?

うつ病治療編③ 抗うつ薬って効くの?

 

 

 

こんにちは、ちゃこりんです。

 

前回の続きです。

 

 

病院でうつ病と診断され、処方された抗うつ剤を飲んでみた私。初めて飲んだ時の反応は衝撃でしたね。

 

そして薬を飲むことの他にもう一つ、私が行ったことがあります。

 

 

それが会社への報告です。

 

 

f:id:cyakorin:20190109182440j:plain

仕事はどうする?休む、辞める、働いたまま?

お医者さんからはできるなら休職した方が良いと勧められました。

 

うつ病を治す事を第一に考えるなら仕事やストレスから離れてゆっくりと休養を取るのが良いのだそうです。

 

 

ちなみにいきなり退職をするのは生活面などを考えるとあまりおすすめできないとも言われました。(うつ病の時は大事な決断をしない方が良いらしい)

 

 

正直ケースバイケースだよなぁ。

 

その人の病状経済状態職場環境家族の有無など様々な要素によって判断が異なるはずです。

 

だからいきなり退職するという選択肢もありえるし、軽症なら仕事をしながら治療してみるのも間違いとは言えません。

 

 

f:id:cyakorin:20190114004713p:plain

 

休職するとなると診断書を提出して会社側と相談する必要があります。企業によって休職の規定は様々。

 

 

大企業なら比較的就業規則にしっかり休職制度が整っている場合が多いと聞きます。

 

それでも

  • 周りの目はどうなのか?
  • 復職して元と同じ仕事ができるのか?
  • キャリアに傷が付いたりするのでは?

 

そういった懸念もあります。

 

例え最近は理解してくれる人や企業が多くなったといえども現実は厳しい場合だってありそうです。

 

 

 

中小企業だと会社によって対応の差が激しいです。ワンマン社長だったりすると特にですね。

 

 

めちゃくちゃ親身になってくれる会社もあれば、それじゃ辞めてと冷たい会社もあるでしょう。

 

 

f:id:cyakorin:20190114143905p:plain

 

ブラック会社ならあるあるです。下手したら休職どころか退職も認めずとにかく働けとか言われるかもですよ(-_-;)

 

 

ブラック企業に勤めております。【電子書籍】[要はる]

価格:551円
(2019/1/9 19:24時点)

 

休職すると給料が出ない場合は傷病手当金を申請する事を検討しましょう。社会保険に加入している人なら該当すると思います。

 

 

 

会社に報告する?しない? 

私は働きながら治療してみるという選択をしました。

 

 

働きながら治療をするとなると、次に悩むのがうつ病である事を会社に報告するしないかです。 

 

 

言わないで済むのなら言いたくない

 

そう思う人がほとんどだと思います。

 

 

f:id:cyakorin:20190114004018p:plain

 

報告するメリット
  • 仕事量を減らしてもらえる
  • 周りの理解が得られる

 

残業などを減らせば精神的負担をかなり減らせる場合があります。残業は無理でも通常業務なら大丈夫だよって人もいるでしょうから。

 

 

また仕事が思うように出来なかったり、朝起きれずに遅刻をしてしまうなど職場に迷惑をかけてしまう事があっても、周りの理解があれば何とかなる場合があります。

 

言ってなければ絶対「なんだあいつは?」となりますからね。

 

 

報告するデメリット 
  • 会社に変なレッテルを貼られる
  • 周りから変な目で見られる可能性がある

 

うつ病である事を言っても周りが理解してくれるとは限らないですよね。厄介払いで会社をクビになる可能性だって無いとは言えないです。

 

 

 

そんな会社なら残った方がもっと大変な結果にる可能性大だとも思いますが。

 

 

 

また運よく周りの理解を得られたとしても「自分が周りから変な目で見られてるかも」と勝手に思い込んでしまう場合や

 

みんなに迷惑をかけている感じがして「早く治さないといけない」などと自分にプレッシャーをかけてしまう人もいます。

 

 

そんな人は少し良くなったとしても、とたんに無理をして再び悪くなると言う悪循環に陥ってしまいがちです。

 

どっちがいいの?

どんな職場環境なのかで異なるので何とも言えない所ですが、働きながら治療をするのなら言わない方が良いかもです。

 

逆に言うのならいっそのこと休職しちゃった方が良いのでは・・・と思うのです。

 

 

うつ病・躁うつ病で「休職」「復職」した人の気持ちがわかる本【電子書籍】[五十嵐良雄]

価格:1,404円
(2019/1/9 18:02時点)

私は社長に報告したよ 

さっき働きながら治療するなら報告しない方が良いとか言っておきながら、私は病院でもらった診断書を持って社長に報告しちゃいました。 

 

 

「僕、うつ病らしいんですよ。びっくりですよね」 

 

※本当にこんな感じに言いました(笑)

 

 

社長は発症編⑤倒れて動けない私を見てますし、うつ病かどうかは不明ですが発症編③会社の仲間を亡くしています。 

 

なので、真剣に相談に乗ってくれました。

 

 

恐らく私が休職したいと言ったら休ませてくれたと思いますが、働くことを選択したので仕事量を減らすよう取り計らってくれました。

 

 

夜遅くまで残業をする事もないし、土日もお休みです。当たり前の事なのでしょうが私には新鮮に感じました。

 

 

周りの人も本当に良くしてくれましたし、逆に私が周りに変に気を使う事もほとんど無かったです。

 

 

f:id:cyakorin:20190114145104p:plain


 

そして自分が頑張らなくても会社内は案外回ることも知りました。

 

 

多少は誰かに負担がかかったり、仕事の受注量を減らしたりしているかもしれませんが誤差範囲くらいなものです。

 

 

いったい私は今まで何を頑張っていたのだろうか?

 

そんな風にちょっと拍子抜けな感じがしました。

 

 

 

会社を辞める決断 

薬が効いたのか、仕事量が減ったのが功をそうしたのか・・・。私は一時期より微妙に良くなった感じがしました。

 

この少しが重要でした。

 

 

そのお陰で自分の身の回りが少し見えるようになって、いろんな選択肢がある事に気づきます。

 

 

それまでは目の前の仕事をとにかく終わらせる事だけしか頭にないロボットでしたからね。

 

 

うーん、以前よりは少しは良くなったような気がする。

 

でもこの会社にいたら・・・いや、この業界にいる限りうつ病が治ったとしても再び同じ事になりそうだよなぁ。

 

 

ここらで一度リセットして、ゆっくり休んでから別の道を探すのも良いかもしれない。そもそも今の仕事そんなに好きでもないし(^-^;

 

  f:id:cyakorin:20190114145847p:plain

 

うつ病と診断されてから4か月後。私は会社を辞める決断を致しました。 

 

 

周りのみんなも快く送り出してくれました。

 

社長も「困ったことがあったら何でも相談しろ。いつでも戻って来ていいからな」 と言うありがたい言葉もいただきました。

 

 

内心戻るのは勘弁と思いましたけどね(笑)

 

こうして私は10年以上働いた会社を辞めました。

さて、どうなることやら・・・ 

 

 

次回は自宅療養中の様子と、うつ抜けするまでを書きます。

to be continued→私のうつ病治療編⑤ 最後に残ったもの。そしてウツ抜けへ・・・

 

 

うつ病発症編① 会社に寝袋ってどう思う?

うつ病発症編② 好きなことが消えていく

うつ病発症編③ 自殺をする人の気持ちの全てはわからない 

うつ病発症編④ 体や感情が自然に動くって素晴らしい事だ

うつ病発症編⑤ そして動かなくなる

うつ病治療編① 自己診断テスト

うつ病治療編② 病院へ行こう!うつ病は心の風邪?

うつ病治療編③ 抗うつ薬って効くの?初めて飲んで脳がしびれる