ちゃこりんの空回りな世界∞

人生は空回りするほど面白い!

本当にあった怖い話 深夜のデパートには絶対に入ってはいけない部屋があった話

Hatena Feedly

 

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

f:id:cyakorin:20170809130848j:plain

 

この前よぉ

たこ焼きを食べたら中に・・・中に・・・

 

タコが入ってなかったんだよー!

どうだ?怖いだろ?恐怖のズンドコだろ?

 

いや、別に怖くは無いけど・・・

 

 

なんでだよ

たこ焼きにタコが入ってなかったら焼きやん

ただの焼きやん!

 

そうだけど怖くは無いと思うよ、もこっち

 

なんだよつまんねーなぁ

お前もなんか怖い話してみろよ

 

 

もこっちは幽霊とか信じてる?

 

い、いや・・・いるわけねーし

 

 

僕も信じてない方だと思う

でも「深夜に心霊スポットとかに行け」とか言われたらちょっと怖いから心のどこかでは信じてるんだと思う

 

 

これは僕があるデパートに警備員として働いていた時の話しなんだけど

そこにはいわく付きの部屋があってね

 

元々はお客様用のトイレだったんだけど、そこで自殺してしまった人がいたそうな

 

 

その後そのトイレでは色々と変な現象が起こるようになったので鍵をかけて倉庫として使う部屋に変えたんだって

 

変な現象ってどんな?

忘れちゃった

でもその変な現象で何度かお客様からもクレームが来たそうだよ

 

夜中の3時ごろ上の階から順々に異常がないか見回りをするんだけど

もちろんその部屋がある階も例外ではない

 

 

その階を巡回してた時に当務長(警備の責任者)から無線が入ってきた

「部屋の中に入ってみる?」

 

普段は素通りで部屋の中までは確認しない

一度くらい中に入ってどんな風になっているか見ておくのもいいかな

そう思って僕はカギを開けて中に入ってみた

 

 

扉の内側にはお札が貼ってあった

倉庫の中はそれほど広くもなく使わなそうな道具が所せましと置かれていた

 

「けっこう狭いんですね」

僕が無線を飛ばすと予想外の返事が帰ってきた

 

 

「えっ?本当に入っちゃったの?」

 

僕はあせった

「ダメだったんだすか?」

「・・・いや、入ってもいいけど絶対に上は見ないでね

 

 

その当務長は霊感があると言われてる人だった

 

上を見たらどうなるんだろう?

気にはなったけど結局上を見ないようにして部屋から出た

なんとなくヤバイ気がしたのだ

 

 

 

そのまま僕は一番下の階まで見回りをして最後に階段の扉を閉めようとしたときだ

はるか上の方から階段を歩くような足音がかすかに聞こえてきた

 

誰かいるのか?

いや、ありえない

 

いま上の階から見回りをして誰もいない事を確認したばかりじゃないか

しかも時間は夜中の3時半

だれもいるわけがない

 

 

「誰かいらっしゃいますか?」

 

僕は大声で問いかけてみたが返答は無かった

なのにかすかな足音は一定のリズムを刻んでいた

 

いや、むしろ少し近づいて来てる?

階段を下りてきているのか?

 

 

僕は当務長に無線を飛ばした

「階段の上から誰か下りてくるような音が聞こえるんですけど・・・やっぱ確認しないとまずいですよね」

 

当務長の答えはこうだった

「いや確認する方がまずい。そのまま戻ってこい」

僕はそのまま階段のカギをかけて戻った

 

 

そのあとすぐ別の隊員二人が確認に行ったけど誰もいなかったそうだ

 

僕は当務長に聞いてみた

「あの部屋に入った時、もし上を見てたらどうなったんですか」

 

当務長はニコニコと僕の顔を見るだけで何も答えてくれませんでした

 

 

以上が僕が体験した少し不思議なお話だよ

どう?もこっち。少しはびびった?

 

 

f:id:cyakorin:20170809131216j:plain

 

ただの気のせいだったかもしれないもんね

僕もその時そこまで怖くはなかったよ

 

じゃ次は僕も怖いと思った話ね

まだあんのかよ

 

今度のは違った怖さだよ

それじゃ次の記事でね