ちゃこりんの空回りな世界∞

人生は空回りするほど面白い!

こうのす花火大会で四尺玉を見よう!尺玉300連発の鳳凰乱舞がすごい

Hatena Feedly

10月8日にこうのす花火大会を見に行きました

初めてで勝手がわからないので早めに現地に向かいました

 

それが前回の会場選びの記事の通りです

 

 

最終的に観覧場所に選んだのは糠田メイン会場の土手です

 

 

f:id:cyakorin:20171012191710p:plain

 

自分が観覧した場所が①の赤い点

バイクを停めた駐輪所が②の赤い点です

 

地図で緑色に塗ってある運動場が有料席と協賛席になってました

 

 

f:id:cyakorin:20171011233635j:plain

 

自分が確保した場所のすぐ前が有料席でした

 

花火大会の開始予定が18時です

まだ時間に余裕があるので屋台を見て回りました

屋台って見るだけでも楽しいですよね♪

 

 

たこ焼き600円!

結構強気の値段なんですね(^-^;

 

お腹にたまりそうな広島風お好み焼きにしました

これも600円だった

 

広島風って食べたことないんだけど

 

f:id:cyakorin:20171012194125j:plain

 

めっちゃキャベツ焼きだったわ

こんなにキャベツだらけなん?広島風って

 

もしかしたら鴻巣風お好み焼きかもしれない(^-^;

 

 

f:id:cyakorin:20171012194638j:plain

 

お腹もいっぱいになったので開始までゴロンと横に

 

 

 

18時開始予定でしたがトラブルなのか25分遅れでスタートしました

 

f:id:cyakorin:20171012200532j:plain

 

今年の夏は花火を見てないので久々です

たまに大きな花火が上がるとテンションも上がります↗

 

 

今回は45のプログラムがあって、そのつど協賛者やコメントがアナウンスされるので少々間延び感があります

アナウンスが聞こえない場所で見ている人はもっと感じるでしょうね

 

 

ただ鴻巣市商工会青年部と協賛者によって開催が成り立つ花火大会なので致し方ないところです

 

この間延び感は元祖4尺玉を打ち上げる新潟の片貝まつりに似てますね

3年前に見に行きましたがプロポーズとかもありましたw

あちらは花火大会ではなくて神事の奉納煙火ですけど

 

 

それとプログラムで残念なのが音楽コラボ

 

サビに行くまでの低い花火を打ち続けるところが何ともショボく、別会場で見てる人には全く見えないのでは?

 

音楽と相乗効果になっているのはほんの一握りです

この辺りはまだまだ伸びしろがありそうです

 

 

・・・と否定的な感想を述べてしまいましたがそれを吹き飛ばすのが最後のプログラム

尺玉300連発の鳳凰乱舞です

 

 

f:id:cyakorin:20171013001941g:plain

出典:japan-fireworksホームページより

 

尺玉は10号なので隅田川花火大会で打ち上げる花火(5号)の倍近くの大きさなんです

 

「わぁーきれい」

と言うのを想像してましたが全然違いました

 

すごすぎて笑えますw

 

ノリノリの音楽と共に尺玉をこれでもかと打ち上げ続けるので、煙で花火がよく見えなくなったりしますw

 

途中に一発上がる大きな花火が3尺玉(30号)なんでしょうね

 

 

そして鳳凰乱舞が終わるとカウントダウンが始まって4尺玉打上げです

去年は失敗して地上で爆発したらしいですからね

 

直径105センチ重さ465キロのものを打ち上げるのはそれだけ難しいと言うことです

しかも片貝まつりと違って歴史が浅いので技術もまだ発展途上なのでしょう

 

 

もう上がるかどうかヒヤヒヤ見る感じが面白いです

 

今年は無事に打ち上げ成功しました

上がっただけでみんなが嬉しいのです

 

ちょっと形はいびつでしたが音が素晴らしい

 

 

自分で良い写真が撮れなかったのでyoutubeの動画を見つけて貼りました

他にもいくつか動画がありましたがこの動画が一番会場の雰囲気が出ています

 


2017こうのす花火大会【鳳凰乱舞】四尺玉 三尺玉 尺玉300連発“12in.x300 36in. 48in.Shell”16th Kounosu fireworks 2017(スマホ撮影)

 

 

これで花火大会は終了

花火でこんなに笑ったのは初めてですw

 

逆に言うと最後だけ見れば良いかなって気もしちゃいます

 

 

時間は20時を少し回ったところ

ここから必死の脱出劇が始まります

 

それはまた次の記事で